東京オリンピック強化選手育成のため、某大学にアリーナ施設を建設することになり
敷地内にある保育園を建て替えることになりました。



保育園より

アリーナを

設計したいのですが・・・


でもありがたいことです。




3DCGをスケッチにしてみました





こちらでヴァーチャルリアリテイー
Oculusで建物内部に侵入可能です




ARテクノロジーの裏方





拡張現実と仮想現実
ポケモン GO

7・22から公開されていますが
建築バージョンではこんな感じです。

4年前からAR(拡張現実)のテクノロジーは可能でした。

福知山城で再現





模型もこんな感じでお届けできます。





なかなか良い案がないのですが
修景的なものとして作ってみました。


上記画像にKubityをリンクしています。

あるいはQRコードをクリックしてみてください。


現状のストリートビューは、こちらから


パワーポイントによる
紙芝居プレゼンテーション





私はガラケーですが、よかったら如何でしょうか?
Farnsworth House, Ludwig Mies van der Rohe



ウォークスルーが可能です
左下の人マークを画面に移動させてみてください

内部にも入れます。


QRコードを携帯端末などで読み込めばヴァーチャルな世界が出現します。

ARという技術を使い可能になってます。


実際の敷地に応用できるので営業ツールとしてはもってこいのシステムです。

試しに画像のQRコードをスキャンしてみてください。



kubityというアプリです。

sav-02.skp

サヴォア邸門番


下図にリンクを張りました




パソコンやモバイル iphone・ipad


確認することができます。


QR コードをスキャンしてみてください。


まさにVR元年です


3DCAD SketchUp

と 

ゲームソフト Unity

を連携させてビジュアライゼーションしてみました

どちらもフリーソフトです

もう少し動作設定やライティングがうまくいけば
リアルタイムレンダリングによるプレゼンが可能です

仕上げは Movie Maker です

ご興味のある方はこちらまで連絡いただければと思います