大学を卒業し1年くらい経った頃 
日本の宅地割りが画一化していると思っていて
このような間口の狭い奥行きのある宅地にすればと考えたものです

一応 1等入選で住宅生産振興財団会長賞に選ばれたのですが
実施されませんでした というのも
その上に 特選というのがあったのです 残念

既製品の足場板と網入りガラスを組み合わせたルーバーです
この足場板は今は製造されていないようです

APCビルのファサードに使用したものです



住宅もエネルギー消費を抑える時代です
こちらで、一次エネルギー消費量の基準達成率が算出できるそうです


銅板の一文字葺きでガゼボのようなものを創り
そこにカリヨンを付けてみました

すでに2000組のカップルが鳴らしているそうです







健常者と同じようにハンディキャップのある人たちが
音・光・振動によって体験できる総合公園を目指しました

このような施設が増えることを希望します




このキッチンは一般的なステンレスキッチンです
ステンレスでキッチンを造る場合にコストUP要因は足の部分です

それを考慮して造ってみたのが  こちら
穴あきブロックで造ってみました
他にもシナとか工夫次第で安く造ることが可能です





鉄筋φ6+φ9をトラス状にした階段です
手摺部分も含めてトラス梁にしました

構造屋に相談するとこれでは持たないといわれたのですが
問題ありません

揺れることはゆれますが